魅力のある街づくり、

秋田をもっと
   好きになれ。

昨年、秋田県の人口が東北では初めて100万人を
割り込み、2040年には70万人に割り込み、
県内のほとんどの市町村が「消滅可能性都市」
との指摘をされております。

秋田県は若者らが進学や就職を機に県外に流出してしまう「社会減」が多いのが特徴で、近年は年間約1万人のペースで人口が減少している。
人口減少率は2013年から4年連続で全国トップ。
国立社会保障・人口問題研究所は、22年後の40年に70万人まで減ると推計している。
その時あなたはおいくつですか。

若者や女性の働きやすい環境創りを。
小中ともにトップレベルの学力県はたして教育現場では。
農業県秋田の後継者の育成と6次産業化。
出生率、婚姻率秋田県は最低(2013)

01

人口減少対策と
 雇用の創出。

 若者や女性の
  働きやすい環境づくりを。

02

教育現場の労働環境
 改善と負担軽減。

 小中ともにトップレベルの学力県
  はたして教育現場では。

03

農業の担い手確保と
 所得の増大。

 農業県秋田の
  後継者の育成と6次産業化。

04

行政主導の
  婚活支援。

 出生率、婚姻率
  秋田県は全国最下位(2013)。